遺伝子診断に基づいた最近の前立腺がん治療 湯浅 健

2022.2.24

前立腺がんの最新情報31
「遺伝子診断に基づいた最近の前立腺がん治療」
演者:
公益財団法人がん研究会有明病院 泌尿器科 化学療法担当部長
湯浅 健先生

がんに対する基礎的研究の進歩により、分子標的治療も発展・進化し、最近では、免疫チェックポイント阻害剤やPARP阻害剤など新しい機序によるがん治療が開始されました。
いずれも遺伝子検査により効果の期待できる対象に投与します。
今回はBRCA1/2 変異に対するPARP 阻害剤、MSI-high 症例に対する免疫チェックポイント阻害剤を中心に解説します。

公益財団法人前立腺研究財団
〒105-0021
東京都港区東新橋2-9-3 
ラ ピアッツォーラ601号
TEL:03-6435-9777
E-mail:office@jfpr.or.jp
URL http://www.jfpr.or.jp/

このビデオをシェア:

Facebook Twitter

関連キーワード

キャンサーチャンネルのコンテンツについて

  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。
トップへ戻る