がん幹細胞モデルと 神経膠芽腫のゲノム研究/米国国立癌研究所(NCI)

2012.2.29

米国国立癌研究所(NCI)が製作した動画(日本語字幕付き)です。

NCI癌研究センター神経腫瘍部門主任のHoward Fine医師は、癌ゲノムアトラスのデータが癌幹細胞を理解するためどのように使われるか、そして様々な癌において癌幹細胞にどのような違いがあるのか見解を述べています­。医師はこれらの癌幹細胞が様々なタイプの癌に対する新たな治療をスクリーニングする際に優れているという仮説を検証する必要性を語っています。

Howard Fine, M.D., Chief, NCI Neuro-Oncology Branch, discusses how the The Cancer Genome Atlas data may be used to understand cancer stem cells and how they may differ in different cancers. He talks about the need to test the hypothesis that these cancer stem cells will be better for screening new treatments for various types of cancer.

Information on The Nation’s Investment in Cancer
Research:http://www.cancer.gov/aboutnci/budget_planning_leg/plan-2012/cancerbiology?cid=YTncigov

原語動画URL: http://www.youtube.com/watch?v=KvR1OliERsw

【この字幕版は、一般社団法人オンコロジー教育推進プロジェクトの”マイ・オンコロジー・ドリーム”助成金により日本癌医療翻訳アソシエイツが作成しました。】

このビデオをシェア:

Facebook Twitter

関連キーワード

キャンサーチャンネルのコンテンツについて

  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。
トップへ戻る