パープルリボン2012 in 大阪「膵臓がんに光をあてる」

2012.5.26

パープルリボン2012 in 大阪「膵臓がんに光をあてる」

2012年のパープルリボン2012 第2弾は大阪。日本肝胆膵外科学会の市民公開講座として、進行膵がんにおけるがんペプチドワクチン療法の研究者でもある山上先生ほかをお迎えしての開催です。

基調講演(1)
「がんと告知されたら(仮)」神戸中央市民病院 腫瘍内科 部長 辻 晃仁

基調講演(2)
「外科療法について(仮)」 兵庫医科大学附属病院 肝胆膵・移植外科 講師 黒田 暢一

基調講演(3)
「内科的治療について(仮)」 関西医科大学 外科学講座 助教 柳本 泰明

基調講演(4)
「治療法開発への挑戦:ワクチン療法(仮)」 和歌山県立医科大学第二外科 教授 山上 裕機

パネルディスカッション
「もっと知りたいすい臓のがんのこと」

このビデオをシェア:

Facebook Twitter

関連キーワード

キャンサーチャンネルのコンテンツについて

  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。
トップへ戻る