がん医療の地域連携・職種間連携:これまでの問題点

2012.7.26

2012年7月26第10回日本臨床腫瘍学会学術集会「公開シンポジウム」
がん患者の必要としているがん医療 – 地域でがん患者を支えるためには –

2.がん医療の地域連携・職種間連携:これまでの問題点

総合司会:田原 総一朗
パネリスト:
寺本 民生(帝京大学医学部・日本内科学会 理事長)
高野 利実(虎の門病院 臨床腫瘍科)
平子 義紀(朝日新聞アピタル編集長)
濱本 満紀(NPO法人がんと共に生きる会事務局長)
中川 和彦(第10回日本臨床腫瘍学会学術集会 会長)

このビデオをシェア:

Facebook Twitter

関連キーワード

キャンサーチャンネルのコンテンツについて

  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。
トップへ戻る