“Meet the Expertがん専門医に訊く ” もっと知ってほしい「精巣腫瘍」のこと2012

2012.11.17

精巣は、精子と男性ホルモンをつくる役割がある臓器です。

精巣腫瘍の多くは、精子をつくる精母細胞より発生します。

 日本では比較的まれな腫瘍で、罹患率は10万人に約1人程度といわれています。

しかし、20歳代後半から30歳代にかけて発症のピークがあり、若年者に多い腫瘍である

ことが特徴です。

 

13:30~13:35  開会挨拶

13:35~14:35  基調講演

「精巣腫瘍の診断・治療と今後について」

京都府立医科大学 泌尿器科 中村 晃和

14:35~14:55  休憩

14:55~15:55  Q&Aセッション「もっと知ってほしい精巣腫瘍のこと」

司    会:精巣腫瘍患者友の会 代表 改發 厚

パネリスト:京都府立医科大学 泌尿器科 中村 晃和

15:55~16:00  閉会挨拶

このビデオをシェア:

Facebook Twitter

関連キーワード

キャンサーチャンネルのコンテンツについて

  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。
トップへ戻る