市民公開講座「震災とがん」

2012.12.8

12月8日、東北大学にて「震災とがん」をテーマに市民公開講座を開催!
震災体験者による各方面からの発表があります

ドリーム・キャッチャー養成講座の東北地方開催に際し、12月8日「震災とがん」をテーマに市民公開講座を開催します。震災体験者(患者・医療者・市民ボランティア)により「震災とがん」についての発表があり、次いでパネルディスカッションが行われます。

プログラム(案)

14:00 「震災とがん その時起きたこと、困ったこと、やるべきこと」
体験者による発表
(1)患者サイドから(未定)
(2)医療者サイドから 森 隆弘(東北大学病院がんセンター特命教授)
(3)市民ボランティアから 北村 奈央子

14:30 パネルディスカッション「震災後の日本でわたしたちが取り組むべきこと」
進行:小西 宏(日本対がん協会)
医師:上野 直人(MDアンダーソンがんセンター教授)、森 隆弘
患者:
市民ボランティア:北村 奈央子
行政:大久保 久美子(宮城県保健福祉部医療整備課)

15:10 クロージング 石岡 千加史(東北大学加齢医学研究所 臨床腫瘍学分野教授)

このビデオをシェア:

Facebook Twitter

関連キーワード

キャンサーチャンネルのコンテンツについて

  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。
トップへ戻る