東北編 第2回ドリーム・キャッチャー養成講座(福島)

2013.4.21

≪東北編 第2回ドリーム・キャッチャー養成講座(福島)の募集≫

 情報の渦の中、正しい医療情報をもとに、あなたやあなたの家族は適切な治療を受けていますか?

 「被災時にもがん治療は継続しなければならないこと」を、様々な立場で理解し、考え、共有し、今からできることを一緒に考えてみませんか?

 2人に1人の割合でかかってしまう「がん」にフォーカスを当て、米国ナンバー1のがんセンター”MDアンダー ソンがんセンター”の上野直人教授と一緒に、適切な治療を受けるために患者や家族に必要な姿勢や、治療の継続に向けた支援活動について、理解し、考え、共 有する参加型のセミナーを福島にて、4月20~21日の2日間、開催します。がん医療の夢を語り、共有し、実現したい方はぜひご参加下さい。
 本養成講座は、がん医療に興味をもつ方であれば誰でも参加できます。
 下記の募集概要および応募条件をご覧いただき、多数のご応募をお待ちしております。

 

★ ドリーム・キャッチャー養成講座(福島)の募集フライヤー(PDF)★

 

【募集概要】
日 時
2013年4月20日(土)13:00~17:30 および、21日(日)9:00~16:00
   (ただし、講義の終了時間については変更になる場合があることをご了承下さい)
場 所:福島県立医科大学11号館(臨床講義棟)第2臨床講義室
   (〒960-1295福島県福島市光が丘1番地)
テーマ:震災とがん -わたしたちの取り組むべきこと
ファシリテータ
   上野直人(テキサス大学MDアンダーソンがんセンター・医師)
   今村知世(慶應義塾大学医学部・薬剤師)
   佐々木治一郎(北里大学病院・医師)
   池田紀子(福島県立医科大学附属病院・医療ソーシャルワーカー)
   鈴木牧子(ひいらぎの会・代表世話人)
   他ドリーム・キャッチャー養成講座修了生
講義内容(予定)
   1)がん医療のマイ・ドリームを考えよう(ミッションとビジョンを持とう)
   2)科学的根拠に基づく医療(EBM)を理解し、医療情報を見極める力(リテラシー)を身につけよう
   3)ソーシャル・ネットワーキングを活用しよう
   ※講義の内容および順番は変更することがあります。
   ※過去の実績として、当ブログの最近記事から養成講座の記事をご覧下さい。
募集期間2013年2月8日(金)~4月8日(月) 東北地方および全国から募集します。
募集人員:40名(定員になり次第締切)
対 象:がん患者、患者家族および友人・知人、がん医療に対して何か取り組みたい・患者支援をしたいと思っている方(学生、医療従事者など)
   ※応募の際に「応募理由」を明記してください。
参加費:無料(※交通・宿泊費、懇親会参加費、昼食代は、参加者ご負担となりますこと、
    ご了承ください)

 

【応募条件】
がん医療について興味があり、マイ・オンコロジー・ドリームの趣旨と活動に賛同し、以下の要件を満たす方であれば、基本的にどなたでも参加できます。
   1)科学的根拠に基づくがん医療の推進に賛同する
   2)講座終了後もマイ・オンコロジー・ドリームの活動を支援し、自らも具体的な活動に取り組む意志がある
   3)承認、未承認にかかわらず、特定の治療法の推進に関与していない
   4)特定の健康食品、健康器具等を推奨、販売していない

 

このビデオをシェア:

Facebook Twitter

関連キーワード

キャンサーチャンネルのコンテンツについて

  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。
トップへ戻る