骨髄増殖性疾患フォーラム 2013 in 盛岡

2013.6.29

骨髄増殖性疾患は、骨髄内での造血幹細胞から血球細胞の前駆細胞、および成熟血球細胞までが異常増殖を起こしてしまう骨髄系腫瘍疾患です。
主な骨髄増殖性疾患には「骨髄線維症」や「真性赤血球増加症(真性多血症)」「慢性骨髄性白血病」「本態性血小板血症」などがあり、それぞれ様々な症状が出ることがあります。
病気のことから治療法まで血液医療専門の先生から分かりやすく解説していただきます。

このビデオをシェア:

Facebook Twitter

関連キーワード

キャンサーチャンネルのコンテンツについて

  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。
トップへ戻る