神経芽細胞腫に取り組む-小児癌ARRA基金/NCI

2011.1.18

これは、どのように、American Reinvestment and Recovery Act(Recovery Act)基金が癌患者にとってよりよい療戦略を開発すべく研究を推進しているかを映像­化したものです。癌ゲノム研究の目的は、特定の癌に起きる遺伝子変化を明らかにするこ­とと、それらの遺伝子変化を標的とした治療戦略を開発することです。
この個別治療戦略の目的は癌の発生原因、すなわち癌遺伝子を攻撃することで、治療効果­を改善し副作用を軽減することです。5歳の少女、ヘイリーにとって、未熟な神経細胞に­発生する癌である神経芽細胞腫(神経芽腫ともいう)を寛解に保ち、個別治療として知ら­れている遺伝学的情報に基づく治療に置き換えることで、従来の治療に伴う生涯にわたる­治療の副作用を取り除いたのは、まさにこの癌研究の成果といえます。

このビデオをシェア:

Facebook Twitter

関連キーワード

キャンサーチャンネルのコンテンツについて

  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。
トップへ戻る