「がんになっても笑顔で育つ!」 小児がんの子どもと家族を支える 拠点病院と地域サポート

2014.3.16

 日本の小児がん医療のこれからを一緒に考えましょう!

挨拶13:00

報告13:10 チャイルド・ケモ・ハウスの現状と「生活相談サンター」の取り組み
楠木 重範 チャイルド・ケモ・クリニック院長

第一部 13:20~14:20 「小児がん拠点病院の役割と取り組み」
・小児がん拠点病院とは 
米田 光宏 NPO法人チャイルド・ケモ・ハウス副理事長/大阪府立母子保健総合医療センター小児外科
・関西における小児がん拠点病院の役割 
小阪 嘉之 兵庫県立子ども病院 血液腫瘍科 部長
・関東における小児がん拠点病院の役割
康 勝好  埼玉県立小児医療センター 血液腫瘍科 部長

■休憩 14:20~14:35

第二部 14:35~15:15 「小児がんの子どもと家族を支える地域の役割と課題」
・退院後の小児がんの子どもと家族のサポート~看護師の視点から~
塩飽 仁 東北大学大学院医学系研究科保健学専攻 教授
・教育でつなぐ病院と社会~阪大分教室の取り組み~
九後 充子 大阪府立刀根山支援学校 大阪大学医学部附属病院分教室 教諭

第三部 15:15~15:50 総合討論
小阪 嘉之・康 勝好・塩飽 仁・九後 充子・楠木 重範
・挨拶 15:50 
大薗 恵一 NPO法人チャイルド・ケモ・ハウス理事長/大阪大学医学部附属病院 小児科 教授

このビデオをシェア:

Facebook Twitter

関連キーワード

キャンサーチャンネルのコンテンツについて

  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。
トップへ戻る