関連キーワード

膵臓がん啓発パープルリボンセミナー2014 in 静岡

2014.4.20

膵臓がん市民公開講座:膵臓がんに光をあてる

主要ながんの中でも最も生存率の向上が望まれている「すい臓がん」。日本ではすい臓がんの患者さんは年々増加しており、がんによる死因の5位に位置するようになっています。一方で、近年すい臓がんの知亮の研究は進歩を遂げています。そこでこの度、NPO法人パンキャンジャパンと静岡がんセンターとの共催で、皆様に再審で正しい知識を提供することを目的にセミナーを開催いたします。

パンキャンジャパンが膵がん患者さんとそのご家族に自信を持ってプレゼントする最前線セミナーです。お席に限りがありますので、早目にお申し込み下さい。定員になり次第、締め切らせていただきます。

必ずご参加いただきたい有益な情報が満載です。

■プログラム:膵臓がん啓発パープルリボンセミナー(膵臓がん市民公開講座:膵臓がん治療の最前線)

12:30 開場

13:00-13:05
開会あいさつ
静岡県立静岡がんセンター 総長 山口 建

13:05-13:15
オープニング パープルリボン活動について
NPO法人パンキャンジャパン 理事長 眞島喜幸

13:15-13:35
基調講演(1)
すい臓がんと診断のスクリーニング
講師:静岡県立静岡がんセンター内視鏡科 医長 松林 宏行

13:35-13:55
基調講演(2) 外科治療の進歩と研究の最前線
講師:静岡県立静岡がんセンター 副委員長/肝胆膵外科 部長 上坂 克彦

13:55-14:15
基調講演(3) 再審の抗がん剤治療 日本と世界の動向
講師:静岡県立静岡がんセンター消化器内科 医長 福冨 晃

休憩(15分)

14:30-14:45 
基調講演(4) 抗がん剤治療と食事
講師:静岡県立静岡がんセンター 栄養室長 稲野 利美

14:45-15:00 
基調講演(5) がん告知・治療に伴う心のケア
講師:静岡県立静岡がんセンター腫瘍精神科 部長 松本 晃明

15:05-15:40 
パネルディスカッション 膵臓がんに光をあてる
<モデレーター>
NPO法人パンキャンジャパン 理事長 眞島喜幸
静岡県立静岡がんセンター 副委員長/消化器内科 部長 安井博史

<パネリスト>
松本 宏行、上坂 克彦、福冨 晃、稲野 利美、松本 晃明

 

このビデオをシェア:

Facebook Twitter

キャンサーチャンネルのコンテンツについて

  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。
トップへ戻る