関連キーワード

科学的根拠に基づくがん検診

2014.6.14

今回は、国立がん研究センター 検診研究部部長 斎藤 博先生に、がん検診についてご講義頂きます。早期発見に役立つがん検診は大変重要な2次予防法です。しかし、近年、海外では、がん検診のメリット(死亡率を下げる)だけでなく、過剰診断などの不利益も注目されています。科学的根拠に基づくがん検診とはなにか、どの検診をどの頻度で受ければいいのか、医学的観点からご講義頂きます。がん検診に関する知識を習得したいという翻訳者の他、がん検診に関心のある一般の方及び最新の知見を収集したいという研究者等の方のご参加をお待ちしております。

■テーマ
科学的根拠に基づくがん検診

■講 師
齋藤 博 先生
国立がん研究センター 検診研究部部長

ファシリテーター 寺田真由美 (乳癌サバイバー・KMaCS)

■定員:約30名(JAMT会員優先)

このビデオをシェア:

Facebook Twitter

キャンサーチャンネルのコンテンツについて

  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。
トップへ戻る