関連キーワード

パープルリボンセミナーin和歌山 2014

2014.6.14

主要ながんのなかで最も生存率の向上が望まれている「膵臓がん」。日本では推計2万人以上が毎年「膵臓がん」と診断され、多くは余命約3〜6カ月と 宣告されます。「膵臓がん啓発パープルリボン2014」は、「膵臓がん」の早期発見・早期治療、標準治療の重要性の全国的な普及・啓発を目的としたもので す。患者・家族、マスメディア、医療関係者に加え、一般の方々のご参加もお待ちしております。

定員300名(無料)。お席に限りがあります。事前登録のうえご参加ください。

 

■プログラム:膵臓がん啓発パープルリボンセミナー(膵臓がん市民公開講座:膵臓がん治療の最前線)

基調講演

第1部

和歌山県立医科大学 外科学第2講座 准教授 谷 眞至
和歌山県立医科大学 外科学第2講座 助教 廣野 誠子
関西医科大学付属牧方病院 外科講座 講師 柳本 泰明
九州国際重粒子線がん治療センター 篠藤 誠
和歌山県立医科大学 外科学第2講座 助教 宮澤 基樹
一般社団法人市民のためのがんペプチドワクチンの会 代表 會田 昭一郎
NPO法人パンキャンジャパン 眞島 喜幸

パネルディスカッション

第2部

「すい臓がんに光をあてる〜標準治療の最前線からペプチドワクチンまで〜」

このビデオをシェア:

Facebook Twitter

キャンサーチャンネルのコンテンツについて

  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。
トップへ戻る