関連キーワード

MBS×CNJ Jump Over Cancer がんと緩和ケア ~患者の気持ちとサポート~

2014.6.24

2012年、2013年の本プログラムでは、MediaとNPOが連携し、様々な疾患・テーマを取り上げ、医療者による科学的根拠に基づく情報コンテンツを提供してきました。
これらのコンテンツ配信により、一般の方々に対しては、がんに対する正しい予防・検診の啓発、及び患者や家族に対しては、がんに対する科学的根拠に基づく有益な情報を発信してきました。
3年目となる2014年は、これまでの2年のコンテンツをベースにし、How to Cope & Live with Cancer(がんに如何に向き合い、生きるか)をテーマに、より多くの人々に情報が届くように、毎回1人のがんを体験したアーティストを招き、がんに付随する問題も取り上げていきます。

会場:MBS本社1階 ちゃやまちプラザステージ 開催時間:午後7時~8時30分

講師:堀 泰祐 (滋賀県立成人病センター緩和ケア科長・院長補佐)

ゲスト:森乃 福郎 (落語家) / 豊島 美雪 (フリーアナウンサー)
豊島美雪

(プログラム)

落語 : ~ガンタベール~  森乃 福郎
講演1 : ~患者の気持ち~ 豊島 美雪 (フリーアナウンサー)
トークセッション : ~患者の気持ち、緩和ケアについて~
豊島 美雪(がん体験者)
堀 泰祐(滋賀県立成人病センター緩和ケア科科長)
藤本 いづみ (看護師・がん体験者)

こちらのセッションでは、新たにがん体験者の医師・看護師を迎えてトークセッションを交えながら、専門家の立場としてお話し戴きます。
※現時点でのプログラムとなりますので急遽、内容が変更になる可能性もございます。予めご了承のほどお願い申し上げます。

(登壇者プロフィール)

森乃 福郎(もりの ふくろう)
落語家・1948年(昭和23年)京都市生まれ。
同志社大学を卒業と同時に初代森乃福郎に師事。

笑福亭福三の芸名で高座デビュー、2000年(平成12年)に二代目「森乃福郎」を襲名。古典だけでなく早くから新作落語にも取り組む。
スポーツ、読書、映画・歌舞伎鑑賞、食べ歩きまで豊富な話題を生かした講演も好評。
がん患者や家族のための落語会にも尽力。

豊島 美雪(とよしま みゆき)
フリーアナウンサー。1960年生まれ。大阪府出身。
朝日放送「パネルクイズアタック25」、MBSラジオ「おはよう川村龍一です」など、在阪局のテレビ・ラジオ番組に多数出演。
また、童話や詩を朗読する「魔法の朗読会」も各地で開催している。
MBSラジオ「豊島・ゴエのあさはや!?」、「ごきげんサンデーミュージック」に出演中。

堀 泰祐(ほり たいすけ)
滋賀県立成人病センター緩和ケア科長 院長補佐
1951年(昭和26年)生まれ。1976(昭和51年)京都大学医学部卒。
京都大学医学部附属病院、京都警察病院などを経て、2002年(平成14)年より滋賀県立成人病センター勤務。
専門分野は、緩和医療学、サイコオンコロジー。
京滋緩和ケア研究会代表世話人、乳がん患者を支援する特定非営利活動法人(N P O )R e-
vid(リヴィッド)理事長などを務める。

藤本 いづみ(ふじもと いづみ)
1962年生まれ。現役の看護師。
2009年、腎臓がんで右の腎臓と副腎を全摘。
ステージ3bであったが、術後直ぐに両肺への転移が確認され、分子標的薬の治療を続けている。
「看護師なのに、何故がんを早期発見できなかったのか?」その答えを求める一方、
一人でも多くの人に同じような思いをして欲しくないと願っている。
今年7月で、儚い希望だった手術後5年を迎える。

このビデオをシェア:

Facebook Twitter

キャンサーチャンネルのコンテンツについて

  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。
トップへ戻る