関連キーワード

NPO法人血液情報広場・つばさフォーラムin 札幌 血液がん ~より良い治療とより良い治療~

2014.9.13

 血液のがんは、病気本体も治療法も複雑でわかりにくくまた治療期間が長い疾患です。 ぜひ基本から学んで理解を深めましょう。 また「同じ血液の病気でも自分とは病名のちがう疾病」と「自分では受けないかも知れない治療法」 についてもこの機会に聴いてください。 ほかの病名やいろいろな治療法の概略を理解することも、 自身の病気を深く知る上で、さらにより良い治療選択をする上でとてもよい参考になります。
 第2部ではそれぞれの疾患のグループにわかれ、専門医を交えてご自身の病気治療の進歩を共有し、 同じ疾患の方々と交流します。 さらに、寄せられた質問へのアドバイスを皆で共に聴いて、 日頃の疑問や不安を解消し、闘病生活のヒントをたくさんつかんでください。
 第3部では、より良い治療に欠かせない口腔ケアについて、 また近年増えている外来での化学療法について専門家のアドバイスを聴きます。 講演を聴いて質問が湧けば、どんなに個人的な問題でも遠慮せず質問用紙を出し、疑問 「解決の1日」としてください。

【プログラム】
座長  北海道大学病院 血液・腫瘍内科 豊嶋 崇徳
総合司会  NPO法人血液情報広場・つばさ 橋本 明子

I. 全体会(1) 血液、血液がん、最新治療について基礎的な知識をもとう
血液と血液がんの理解
札幌北楡病院血液内科  小原 雅人先生
血液がんの治療
北海道大学血液内科 重松 明男先生

Ⅱ.疾患別Q&A分科会 ―各分科会同時進行―
●骨髄性腫瘍(骨髄異形成症候群、急性骨髄性白血病)
愛育病院血液内科 盛  暁生先生
●骨髄増殖性腫瘍(真性多血症、骨髄線維症,本態性血小板血症等)
北海道大学血液内科 高橋 正二郎先生
●多発性骨髄腫
市立札幌病院血液内科 山本 聡先生
●慢性骨髄性白血病
北海道大学血液内科 近藤 健先生
●リンパ性腫瘍I(急性,慢性リンパ性白血病、ATL等)
北海道大学血液内科 遠藤 知之先生
●リンパ性腫瘍II(非ホジキンリンパ腫、ホジキンリンパ腫等)
北海道大学血液内科 竹村 龍先生

Ⅲ.全体会(2) 暮らしながらの血液がん闘病について知識を得よう
●治療継続中の口腔ケア
北海道大学病院口腔外科 柏崎 晴彦先生
●通院での化学療法と暮らし
北海道大学病院12-2病棟 日下部 緑さん
●共に考えるより良い治療とより良い治癒
講師全員による会場全体とのQ&A

このビデオをシェア:

Facebook Twitter

キャンサーチャンネルのコンテンツについて

  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。
トップへ戻る