教科書的な胃癌術後合併症とあまり知られていない合併症 利野 靖

2015.8.8

2015年8月8日(土)開催「AKIBA Cancer Forum 2015」

【共催:神奈川胃癌ネッツ/神奈川標準的がん治療開発支援システム】胃がん

「教科書的な胃癌術後合併症とあまり知られていない合併症」

講師:横浜市立大学附属病院 利野 靖先生

代表的な胃がんの手術後の障害は(1)腸閉塞、(2)ダンピング症候群、(3)輸入脚症候群、(4)貧血、(5)逆流性食道炎、残胃炎、(6)骨障害、 (7)胃手術後胆石症、(8)小胃症状で、これらについて説明し、更に、あまり知られていない、われわれの施設で診ている脂溶性ビタミンの合併症について 説明します。

このビデオをシェア:

Facebook Twitter

関連キーワード

キャンサーチャンネルのコンテンツについて

  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。
トップへ戻る