すい臓がん 古瀬 純司

2015.8.8

2015年8月8日(土)開催「AKIBA Cancer Forum 2015」

「すい臓がん」

講師:杏林大学 医学部内科学腫瘍内科 古瀬 純司先生

すい臓がんは早期診断が難しく、難治性の疾患とされてきましたが、薬物療法の進歩など最近大きく変わってきました。治療は病変の広がり、転移の有無、患者さんの全身状態などによって、手術、化学放射線療法、薬物療法(化学療法)が行われます。薬物療法の進歩で切除手術の成績はもちろん、遠隔転移を認める場合も含め、治療成績は格段に改善してきています。

このビデオをシェア:

Facebook Twitter

関連キーワード

キャンサーチャンネルのコンテンツについて

  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。
トップへ戻る