胆道がん 古瀬 純司

2015.8.8

2015年8月8日(土)開催「AKIBA Cancer Forum 2015」

「胆道がん」

講師:杏林大学 医学部内科学腫瘍内科 古瀬 純司先生

胆道がんは、胆汁を通す管にできるがんで、部位により、胆のうがん、胆管がん、乳頭部がんに分類されます。胆道がんになりやすいリスク因子はそれ程明らかではなく、早期診断が難しい病気です。胆道がんの治療には、病変の広がりなど進行の程度に応じて切除手術や薬物療法などが行われます。最近、効果の期待できる薬物療法も確立し、普及してきました。治療成績のさらなる向上を目指して研究が進められています。

このビデオをシェア:

Facebook Twitter

関連キーワード

キャンサーチャンネルのコンテンツについて

  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。
トップへ戻る