【1月東京定期会】がん患者の保険の診断書について考える ~書く医師が大切にしていること・書いてもらう保険会社が大切にしていること~

2016.1.21

1月東京定期会

■テーマ:がん患者の保険の診断書について考える
~書く医師が大切にしていること・書いてもらう保険会社が大切にしていること~

がん患者さん一人にいくつもの診断書・意見書が必要です。医師にとっても、保険会社にとっても、がん患者にとっても迅速に適切な診断書を提出することが一番重要です。昨年に続き今年も診断書について課題や対策案をみなさんと一緒に考えたいと思います。

■講師:

 森 竜久(帝京大学医学部附属病院 腫瘍内科医)

 深田 知輝(メットライフ生命  保険金品質管理部 支払検証課 課長

 

このビデオをシェア:

Facebook Twitter

関連キーワード

キャンサーチャンネルのコンテンツについて

  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。
トップへ戻る