関連キーワード

3月★東京★定期会 収入が減ったがん患者さんのためのがん罹患時の住宅ローンのアドバイス

2016.3.17

■テーマ
収入が減ったがん患者さんのためのがん罹患時の住宅ローンのアドバイス

■内容
収入が低下しても減らせない住宅ローンの返済に苦慮されている方はすくなくありませんでした。治療中であっても自宅を手放さなければいけないのか・・・。医療機関だけでは解決できない状況に、金融機関の支援はどのようにして可能か。

がんと暮らしを考える会が病院で行ってきた相談事例のうち、年金・傷病手当金の次に多かった制度が住宅ローンについてでした。収入が低下しても減らせない住宅ローンの返済に苦慮されている方はすくなくありませんでした。
治療中であっても自宅を手放さなければいけないのか・・・。
医療機関だけでは解決できない状況に、金融機関の支援はどのようにして可能か。
これまでほとんど取り扱われることのなかったテーマについて考えてみましょう。

■講師:谷口 敬(住宅ローンアドバイザー)

このビデオをシェア:

Facebook Twitter

キャンサーチャンネルのコンテンツについて

  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。
トップへ戻る