がんの療養 “自宅で安心して暮らし、自宅で旅立つ” 行田 泰明

投稿日:2016年12月28日

8/6~8/7開催「ジャパンキャンサーフォーラム2016」

2025年問題が注目を集める中で、日本は多死時代に突入しています。そして近い将来自分が旅立つ場がないという問題がまじかに迫っています。そこで看取りの場として在宅がクローズアップされています。「生きるために家に帰り、自然な日常生活を送り苦痛なく自宅で人生の終焉を迎える」、そんな在宅緩和ケアの現状をご紹介いたします。

がんの療養
“自宅で安心して暮らし、自宅で旅立つ”

講演者:
行田 泰明(ぎょうだ やすあき)
医療法人社団淳友会 わたクリニック診療部長

司会:
岩瀬 哲(いわせ さとる)
東京大学医科学研究所附属病院 緩和医療科 特任講師/CNJ理事長

ジャパンキャンサーフォーラム@日本橋
http://www.cancernet.jp/jcf/

キャンサーチャンネルのコンテンツについて
  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。

※キャンサーチャンネルは、科学的根拠に基づくがん医療情報の発信を主旨としています。不適切と思われるコメントについては、運営委員検討のもと、削除する場合があります

CancerChannel Everywhere
  • Twitterをフォローする
  • Facebookファンページ
  • Ustreamをみる
  • Youtubeをみる
  • メールを送る