もっと知ってほしい大腸がんのこと 2017 in高知

2017.9.2

ブルーリボンキャラバン~もっと知ってほしい大腸がんのこと2017 in 高知~
高知大学医学部附属病院 市民公開講座

大腸がん疾患啓発活動「ブルーリボンキャンペーン」では、大腸がんの診断・検査から、また外科的治療・薬物療法について広く一般の皆様に知って頂くことを目的としています。
会場は、高知県民文化ホール グリーンホールです!

当日は、大腸がんの検査・治療に使用する機器などのブース展示を予定しています!来て!見て!触って!大腸がんをよく知りましょう!

また、当日来場の方には「もっと知ってほしい大腸がんのこと」冊子をプレゼント!!さらに、ブルーを身につけてご来場の方には粗品をプレゼントいたします!!

————————————————————–
プログラム  総合司会:中井 美穂さん(フリーアナウンサー)

開会挨拶 13:00-13:05
認定NPO法人キャンサーネットジャパン 濱島 明美 (ブルーリボンキャンペーンについて)

講演1 13:05-13:30
高知大学 臨床腫瘍・内視鏡外科 教授
高知大学医学部附属病院 がん治療センター長 小林 道也先生(ブルーリボンキャンペーンアンバサダー)
「大腸がんってどんな病気?~高知県の大腸がんの現状・検診について~」

講演2 13:30-13:55
高知大学医学部附属病院 内視鏡診療部 助教 水田 洋先生
「大腸内視鏡検査について~大腸がんの早期発見と治療のために~」

講演3 13:55-14:20
高知大学医学部附属病院 がん治療センター 特任助教 前田 広道先生
「大腸がんの外科的治療とその後の生活」

休憩 14:20-14:30 休憩(質問票回収)

講演4 14:30-14:55(25分)
高知大学医学部附属病院 がん治療センター 副センター長 岡本 健先生
「大腸がんの薬はどのようなものがあるの?」

情報提供1 14:55-15:10
高知大学医学部附属病院 看護部 皮膚・排泄ケア認定看護師 岡本 節さん
「ストーマとの付き合い方」

情報提供2 15:10-15:25
高知大学医学部附属病院 がん相談支援センター 前田 英武さん
「制度利用等の支援について

休憩 15:25-15:35 休憩(質問票回収)

コンサート 15:35-16:05
藤本三四朗&星羅 「ミニコンサート」
ストリートミュージシャンの草分けと呼ばれるサックスプレーヤー・三四朗。
多くの音楽シーンに登場するようになった今も、原点としてストリートでの演奏を続ける、その姿の根底には、人への愛おしみ、優しさが流れている。
”街角の吟遊詩人”三四朗は、今日もどこかでうたを紡いでいます。優しさと安らぎが、あなたにも届きますように。

Q&A 16:10-16:55
Q&Aトークセッション(会場からの質問票にお答えします) 司会:中井 美穂さん
パネリスト:小林 道也先生、水田 洋先生、前田 広道先生、岡本健先生、岡本 節さん、前田 英武さん、
根来 裕二先生 高知医療センター 消化器内科 医長(ブルーリボンキャンペーンアンバサダー)

閉会挨拶 16:55-17:00
高知大学 臨床腫瘍・内視鏡外科 教授 高知大学医学部附属病院 がん治療センター長 小林 道也先生
(ブルーリボンキャンペーンアンバサダー)

————————————————————–

会場では、大腸がんの検査や治療で使用される医療機器や、患者会、支援団体などのブース出展もあります!
※以下、画像をクリックするとブース紹介が大きく見られます。

1)CVポート針刺し体験(株式会社メディコン
2)腹腔鏡下手術用デバイス体験(ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社)
3)電気メス操作体験(末徳屋医療器店)
4)ヤクルト飲料(ロビーでお飲みください)
5)内視鏡操作体験
6)患者会・支援団体(がん相談センターこうち
7)患者会・支援団体(公益社団法人日本オストミー協会 高知県支部
8)患者会・支援団体(ブーケ若い女性オストメイトの会
9)高知大学医学部附属病院 がん相談支援センター

このビデオをシェア:

Facebook Twitter

関連キーワード

キャンサーチャンネルのコンテンツについて

  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。
トップへ戻る