もっと知ってほしい小児がんのこと 2011

2011.4.16

現在、日本では2人に1人が「がん」に罹患すると言われており、「がん」は誰もが身近に感じる疾患です。しかしながら、子どもが「がん」と診断されるのは、年間約2,500人、子どもの人口約10,000人に対し1人ぐらいの頻度であり、稀な病気と言われていますが、小児期の死亡原因のなかでは、不慮の事故以外では「がん」は第1位であることが、厚生労働省人口動態統計で示されております。

また、小児がんは、医学の進歩によって治癒するようになってきておりますが、抗がん剤や放射線の治療によって、成長後に「晩期合併症」と呼ばれる後遺症を発症することもわかってきました。

このセミナーは、小児がん専門医の講演に加え、参加者からの事前質問によるQ&Aセッションを設け、小児がんについての理解を深めていきたいと思います。

==============================
13:00-13:05 <開会挨拶>
NPO法人キャンサーネットジャパン理事 川上 祥子

13:05-13:25 <基調講演 ①>
「小児がんの総論」 
演者:聖路加国際病院小児科 真部 淳

13:25-13:55 <基調講演 ②>
「小児造血器腫瘍(白血病など)」 
演者:東京医科歯科大学医学部附属病院小児科 富澤 大輔

14:05-14:35 <基調講演 ③>
「小児固形腫瘍(肉腫・芽腫など)」 
演者:国立がん研究センター中央病院小児腫瘍科 牧本 敦

14:35-15:05 <基調講演 ④>
小児がん医療の現状 〜問題点と展望〜
演者:大阪市立総合医療センター小児血液腫瘍科 原 純一

15:15-16:15 <Q&A・トークセッション>
もっと知ってほしい「小児がん」のこと
司会:聖路加国際病院小児科 真部 淳
パネリスト:
東京医科歯科大学医学部附属病院小児科 富澤 大輔
国立がん研究センター中央病院小児腫瘍科 牧本 敦
大阪市立総合医療センター小児血液腫瘍科 原 純一

16:15-16:20 <閉会挨拶>
NPO法人キャンサーネットジャパン 川上 祥子
==============================

このビデオをシェア:

Facebook Twitter

関連キーワード

キャンサーチャンネルのコンテンツについて

  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。
トップへ戻る