パネルディスカッション「がんの治療の開発(方法・評価・期間・費用は?)」

2011.4.16

2011年4月16日(土)開催 第49回日本癌治療学会学術集会 市民公開講座 作ろう新しいがん医療「立ち上がれ広島 !!」のパネルディスカッション「がんの治療の開発(方法・評価・期間・費用は?)」です。

司会:
TBSアナウンサー 秋沢 淳子
埼玉医科大学先端医療開発センター 教授 西山 正彦

パネリスト:
国立がん研究センター中央病院 乳腺科・腫瘍内科 科長/ 副院長:経営担当 藤原 康弘

患者の立場:乳癌患者友の会 きらら 代表 中川 圭

行政の立場:広島県健康福祉局 局長 佐々木 昌弘

メディアの立場:広島ホームテレビ報道部 ディレクター 細田 重成

医療者の立場:広島大学自然科学研究支援開発センター 広島大学病院小児外科 教授 檜山 英三

このビデオをシェア:

Facebook Twitter

関連キーワード

キャンサーチャンネルのコンテンツについて

  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。
トップへ戻る