【多発性骨髄腫⑧-2】治療中の検査と効果の判定~微少残存病変について~山崎 悦子

投稿日:2021年4月23日

動画で学ぶ もっと知ってほしい多発性骨髄腫のこと [2021年追加]
8.治療中の検査と効果の判定~微少残存病変について
山崎 悦子 先生 横浜市立大学附属病院 臨床検査部

日本では2019年より、マルチパラメーターフローサイトメトリー(MFC)法による微少残存病変(MRD)の検出が保険適応になりました。
本動画では微少残存病変について詳しく解説いただきました。

登壇者の詳細はCNJのホームページをご参照ください

■ 動画で学ぶ もっと知ってほしい多発性骨髄腫のこと
https://www.cancernet.jp/hematologiccancer/myeloma/

■ NPO法人キャンサーネットジャパン
https://www.cancernet.jp/

キャンサーチャンネルのコンテンツについて
  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。

※キャンサーチャンネルは、科学的根拠に基づくがん医療情報の発信を主旨としています。不適切と思われるコメントについては、運営委員検討のもと、削除する場合があります

CancerChannel Everywhere
  • Twitterをフォローする
  • Facebookファンページ
  • Ustreamをみる
  • Youtubeをみる
  • メールを送る