【Japan Cancer Forum 2021】重粒子線治療

投稿日:2021年9月13日

【公益財団法人大阪国際がん治療財団 大阪重粒子線センター 共催】
重粒子線治療:切らずに治す、がん重粒子線治療―肝臓がんと膵臓がん―

演者:鈴木 修 (公益財団法人大阪国際がん治療財団 大阪重粒子線センター ・主任部長)
演者:安西 誠 (公益財団法人大阪国際がん治療財団 大阪重粒子線センター ・医長)
司会:馬場 和美(NPO法人キャンサーネットジャパン)

概要:日本では1994年に放射線医学総合研究所(現:QST病院)で重粒子線治療が始まり、現在、大阪重粒子線センターを含む7施設が稼働中です。また、2016年に骨軟部腫瘍、2018年に前立腺がんおよび頭頸部(とうけいぶ)がん、というように保険適用が拡大しています。本日は、先進医療適応症例の肝臓がんと膵臓がんの重粒子線治療についてお話いたします。

開催日:2021年8月21日(土)~22日(日)
場所:オンライン開催
主催:認定NPO法人キャンサーネットジャパン
後援:厚生労働省、東京都

【ジャパンキャンサーフォーラム】
https://www.japancancerforum.jp

キャンサーチャンネルのコンテンツについて
  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。

※キャンサーチャンネルは、科学的根拠に基づくがん医療情報の発信を主旨としています。不適切と思われるコメントについては、運営委員検討のもと、削除する場合があります

CancerChannel Everywhere
  • Twitterをフォローする
  • Facebookファンページ
  • Ustreamをみる
  • Youtubeをみる
  • メールを送る