【血液がんフォーラム2021】多発性骨髄腫 新規薬材・治験

投稿日:2021年12月10日

講演:多発性骨髄腫 新規薬剤・治験 〜新しい免疫・細胞療法〜

演者:李 政樹(名古屋市立大学病院 輸血・細胞療法部)
司会:池田 明香(NPO法人キャンサーネットジャパン プロジェクトマネージャー)

【概要】
近年の免疫・細胞療法の進歩は目覚ましいものがあり、多発性骨髄腫の新規治療として、二重特異性抗体療法や、末梢血のT細胞にキメラ抗原受容体を遺伝子改変技術で組み込んだCAR-T細胞療法が注目されています。上記2つの治療法について紹介いたします。

開催日:2021年11月20日(土)~21日(日)
場所:オンライン開催
主催:認定NPO法人キャンサーネットジャパン
共催:一般社団法人グループ・ネクサス・ジャパン(悪性リンパ腫患者会)
   はまっこ(多発性骨髄腫患者・家族の交流会)
   JCCG(日本小児がん研究グループ)

キャンサーチャンネルのコンテンツについて
  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。

※キャンサーチャンネルは、科学的根拠に基づくがん医療情報の発信を主旨としています。不適切と思われるコメントについては、運営委員検討のもと、削除する場合があります

CancerChannel Everywhere
  • Twitterをフォローする
  • Facebookファンページ
  • Ustreamをみる
  • Youtubeをみる
  • メールを送る