【JCF2022】悪性胸膜中皮腫

2022.9.1

【NPO法人中皮腫サポートキャラバン隊共催】
悪性胸膜中皮腫:近年の治療法拡大に伴う治療選択の課題

演者:多田 裕司 (国際医療福祉大学成田病院 呼吸器内科教授)
司会:平田 勝久(NPO法人中皮腫サポートキャラバン隊 運営委員)

概要:2021年5月に一部の悪性胸膜中皮腫に対して、オプジーボ(ニボルマブ)とヤーボイ(イピリニマブ)の併用療法が認可された。この段階で中皮腫と診断された患者は大きく分けて次の4つの治療選択を迫られる。(1)手術、(2)アリムタ  (3)オプジーボ単剤投与、(4)オプジーボとヤーボイの併用療法。治療選択の考え方について解説する。

開催日:2022年8月6日(土)~7日(日)
場所:オンライン開催
主催:認定NPO法人キャンサーネットジャパン
後援:厚生労働省、東京都

【ジャパンキャンサーフォーラム】
https://www.japancancerforum.jp

このビデオをシェア:

Facebook Twitter

キャンサーチャンネルのコンテンツについて

  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。
トップへ戻る