PubMed実践セミナー 第6回初級コース
『PubMedの機能と文献検索の実践』

2011.8.18

PubMed実践セミナー 第6回初級コース

開催概要

 医学領域では現在,EBM(Evidence-based Medicine:根拠に基づく医療)の考え方による最新の医療情報の利用が必須となっています。世界最大の医学文献データベースであるMEDLINEをインターネットから無料で検索できるPubMedには,EBMを意識したデータ構造が組み込まれており,エビデンスレベルを考慮した検索が可能です。

 PubMedは英語で検索する必要があり,難しいという先入観がありますが,基本的な使用法を知れば誰でも利用可能です。但し,間違った方法で検索しても結果が出ますので,「正しい情報を正しく検索する」ためにはPubMedを用いるリスクが存在することを認識しておく必要があります。

 本セミナーでは,PubMedの検索機能の概略と,日常の検索で必要な検索方法(病名や医薬品,治療法の検索,参考文献リストの書誌情報からの検索,ニュース内容からの検索等),エビデンスレベルの高い情報を検索するために利用可能なMeSHやPublication Typeという機能を利用する絞込み検索を含めて,実習を中心に学びます。

 医学用語を日本語で検索して,その結果をPubMedで検索するために利用できるFreeシステムがありますので,これについても解説する予定です。また,Firefoxブラウザ上で機能する「マウスオーバー辞書」についても説明します。

なお,会場のPCの台数の関係上,会員優先で定員30名程度とさせていただきます。何卒ご了承ください。

プログラム ※時間は目安です

13:30〜13:50 イントロダクション
13:50〜14:50 演習1(機能編)
14:50〜15:00 休憩
15:00〜16:30 演習2(実習編)
16:30〜17:00 質疑

このビデオをシェア:

Facebook Twitter

関連キーワード

キャンサーチャンネルのコンテンツについて

  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。
トップへ戻る