医と可笑(おか)し2011

2011.12.23

本チャリティは2005年より毎年開催されており、その目的は、『がん患者会』が患者さんとご家族の苦しみを克服する心のケアの一翼を担い、疾患についての悩みや心配を相談できる身近な存在であることを知っていただくことです。また、がんについての正しい知識を啓発することにより、がんの不安や悩みのない明日を目指すことにあります。

7回目となる本年は、公益財団法人がん研究会有明病院 化学療法科・血液腫瘍科部長 畠清彦 先生による医療講演「くすりが出来るまで」と、落語家 立川談春 氏によるトークと独演会の2部構成で開催します。

本チャリティを主催する『2011浅草がんチャリティ実行委員会』は、全国または関東で活動している28の患者会・患者支援団体で構成されています。会場では、各団体が工夫を凝らしたアイテムや活動記録を発表・展示します。なお、チケット代および協賛金の一部は、がん医療の向上を目指す活動資金として、『2011浅草がんチャリティ実行委員会』に参加している各団体へ寄付されます。

==============================

【プログラム】

<イベントの内容>

・第一部:落語家 立川談春 氏によるトークです。 畠清彦 先生による医療講演「くすりが出来るまで」です。 医薬品の開発から今話題の分子標的薬、がん治療では検診や早期発見・早期治療が大切であることを、市民の皆様にわかりやすくお話いただきます。

・第二部:落語家 立川談春 氏による独演会です。

<『2011浅草がんチャリティ実行委員会』参加28団体>

●アイビー千葉 ●1.2の3で温泉に入る会東京 ●1.2の3萌の会 ●一般社団法人ティール&ホワイトリボンプロジェクト ●NPO法人女性特有のガンのサポートグループ オレンジティ ●NPO法人がんサポートコミュニティー ●NPO法人がんと共に生きる会 ●財団法人がんの子供を守る会 ●NPO法人キャンサーネットジャパン ●NPO法人グループ・ネクサス ●NPO法人血液情報広場・つばさ ●NPO法人脳腫瘍ネットワーク ●がん患者会 シャローム ●すくすく 網膜芽細胞腫の子どもをもつ家族の会 ●卵巣がん体験者の会 スマイリー ●ピンクリボンの会「ソフィア」 ●乳がん体験者の会 ソレイユ ●がん患者と家族・遺族の会 どんぐりの会 ●ねむの会 ●NPO法人パンキャンジャパン ●NPO法人千葉・在宅ケア市民ネットワーク ピュア ●NPO法人ブーゲンビリア ●NPO法人乳がんサポートグループ VOICE ●NPO法人HOPE★プロジェクト ●声を聴き合う患者たち&ネットワークVOL-Net ●山梨まんまくらぶ ●やまぶきの会 ●リンパの会

このビデオをシェア:

Facebook Twitter

関連キーワード

キャンサーチャンネルのコンテンツについて

  • このコンテンツに含まれる医療情報は、一般論であり、すべての人にあてはまるというものではありません。治療方針・方法などに関する判断については、主治医にご相談ください。
  • このコンテンツは、特定の企業、特定の商品・サービスを推奨する広告ではありません。
トップへ戻る