Q&A・トークセッション「もっと知ってほしい“がんの臨床試験・治験”のこと」

NCI癌予防部門・栄養学科学研究グループの主任、Dr. Milner医師が栄養学と癌予防について語ります。同氏は、栄養遺伝学として知られる新しい科学分野が癌予防において果す役割について論­じています。
また研究者の関心をひく食品成分、例えばトマトに含まれるリコピンや魚のオメガ3脂肪­酸についてや、サプリメントよりは日常の食事が重要である可能性についても触れていま­す。
2011年1月15日、秋葉原UDXで開催された「もっと知ってほしいがんの臨床試験・治験のこと2011」の講演「臨床試験(治験)て何? 臨床試験(治験)で知っておくべきこと」です。
講演者は、国立がん研究センターがん対策情報センター 山本 精一郎先生です。
2009年9月27日に開催された「もっと知ってほしいがんの臨床試験治験のこと」のパネルディスカッション「もっと知ってほしいがんの臨床試験治験のこと」です。
プレゼンターはNPO法人キャンサーネットジャパン 事務局長 柳澤昭浩さん、パネル参加者は国立がんセンター中央病院 藤原康弘先生、帝京大学附属病院 高野利実先生、国立がんセンター東病院 吉野孝之先生、国立がんセンター中央病院 安藤正志先生、亀田メディカルセンター 大山優先生、国立がんセンターがん対策情報センター 山本精一郎先生の以上5名です。
2009年9月27日に開催された「もっと知ってほしいがんの臨床試験治験のこと」の講演「最近の臨床試験の成果:臨床試験が私たちにもたらすもの 肺がん領域・大腸がん領域・乳がん領域・日米のプラクティスの相違」です。
プレゼンターは国立がんセンターがん対策情報センター 山本精一郎先生、講演者は帝京大学附属病院 高野利実先生、国立がんセンター東病院 吉野孝之先生、国立がんセンター中央病院 安藤正志先生、亀田メディカルセンター 大山 優先生です。
2009年9月27日に開催された「もっと知ってほしいがんの臨床試験治験のこと」の講演「がんの臨床試験の意義と役割」です。
講演者は、国立がんセンターがん対策情報センター 山本精一郎先生です。
トップへ戻る